Today'sThreeWords:   

ニシオカキョウヘイ 1st : 'asleep'


カテゴリー

miscellaneous ... (2)
children's children's children (135)
daily music (119)
doggy days (280)
love sweets (88)
neat beers (27)
small bookshelf (18)
usual places (10)
who wears? (12)


アーカイブ

April 2012 (1)
March 2011 (2)
February 2011 (1)
December 2010 (1)
October 2010 (1)
...


My WWS


soundcloud: 試聴できます
myspace: 試聴できます

(minor music)

BBS
あしあと帖
リンクのページ



Q(174) : 最近手紙書きましたか? (きようへい)
A(174) : 書く前に食べちゃいます。 (ごん)

Q(175) : バナナはおやつに入りますか? (ごん)

答えと新しい質問を書く


最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

?85?01g71NAC0BF0EF0FC (東京タワー)
le coq sportif 通販 le coa sportif (le coq sportif 通販 le coa sportif)
ネット音楽配信のルーツ (無料 楽曲 配信 紹介ステーション )


Search





青葉食堂


240K DEV
自作アプリケーションとプログラミングについてのTipsは 240K DEV へ。


  

  

Syndicate this site (RSS)




images of discs and books:
 Amazon.co.jpアソシエイト

November 16, 2008

'ISOLATION' : Spangle call Lilli Line   (felicity) *** disc ***

image

Spangle 3年ぶりのオリジナルアルバム、、、とか言ってるうちにもう次のアルバムも出てしまったけど。 なので2枚続けて書きます。

全編アコースティックピアノをフィーチャーして、 サイトの紹介でも「映画のサントラ的な〜」と謳っていた、(やや?)コンセプチュアルなアルバム。

もともと初期のエレクトリックギターのアンサンブルや、TRACE のポップ感が好きだったので どうなるのか期待と不安と半々だったけど、、、。
1曲目の「Inc.」で『サントラ』の表現がそのとおりであると同時に、 やっぱりどうやってもこれはスパングルの音だと。

実は前作「For Installation」でも、 その繊細な美しさはすでに(Telephone あたりで)片鱗を見せていて、 その美しさが今回はアルバム全体に貫かれていて、 アコースティックで端正な色彩の統一感が ISOLATION を単なるアルバムではなく、 ひとつの作品を構成する楽曲群として、あたかも架空のサントラのような印象を与えてるような気がします。
しかもそれは実は、初期の頃から変わらないスパングルそのものの美意識が、 形を変えているだけなのではないかと。

リリースされたのは9月だけど、今の、冷たい雨の降る晩秋に似合うアルバムです。

投稿者 kyohei : November 16, 2008 8:12 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://240k.jp/cgi-bin/MT333/mt-tb.cgi/483

コメント
コメントしてください









投稿者情報を Cookie に保存