Today'sThreeWords:   

ニシオカキョウヘイ 1st : 'asleep'


カテゴリー

miscellaneous ... (2)
children's children's children (135)
daily music (119)
doggy days (280)
love sweets (88)
neat beers (27)
small bookshelf (18)
usual places (10)
who wears? (12)


アーカイブ

April 2012 (1)
March 2011 (2)
February 2011 (1)
December 2010 (1)
October 2010 (1)
...


My WWS


soundcloud: 試聴できます
myspace: 試聴できます

(minor music)

BBS
あしあと帖
リンクのページ



Q(174) : 最近手紙書きましたか? (きようへい)
A(174) : 書く前に食べちゃいます。 (ごん)

Q(175) : バナナはおやつに入りますか? (ごん)

答えと新しい質問を書く


最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

?85?01g71NAC0BF0EF0FC (東京タワー)
le coq sportif 通販 le coa sportif (le coq sportif 通販 le coa sportif)
ネット音楽配信のルーツ (無料 楽曲 配信 紹介ステーション )


Search





青葉食堂


240K DEV
自作アプリケーションとプログラミングについてのTipsは 240K DEV へ。


  

  

Syndicate this site (RSS)




images of discs and books:
 Amazon.co.jpアソシエイト

daily music

2003 03/18
'Livre' : norinha   (ON THE DECK!) *** disc ***

image この前奥さんと奈良・京都に行ったときに 京都の neutron というカフェ+ギャラリー+ショップで 購入した一枚。

自分では久しぶりの、 フェミニンな女性ボサポップです。 何も余計なことは考えずにリラックスしまくれる一枚。 norinha という人も ON THE DECK! というレーベルも実は知らなかったけど 歌もトラックもレベルが高くて あまりインディーズ感はなかったです。

neutron は新進アーティストの作品とか、 あまり見ないレーベルのCDも置いていたり なかなか面白い場所でした。 自主制作の作品も直接交渉で置かせてもらえるし、 CDもすべて視聴可で、東京にもこんな場所が欲しい。。。 (あるのかも知れないけど)

Posted by kyohei at 18:45
2002 11/05
'I love you, I love you not' : APILA   (LD&K records) *** disc ***

image 1曲目イントロのギターコード弾きを聞いて、 思わず advantage Lucy を思い出しました。 でもボーカルを聞くと元 honey schoolmates の人という気が。

全体的に女の子の切ない情景があふれていて、 いたるところでぐっとくる。 もちろん音楽的にも、 ストレートなコード弾き+キャッチーなギターリフの 正統派ギターポップ(しかも上質)。

個人的にはもうひと月以上も聞き込んでいて、 たぶん今年のベスト5枚に入るくらい。

Posted by kyohei at 18:43
2002 08/24
Regal Relaxation   at 高円寺 ペンギンハウス *** live ***

地元高円寺のペンギンハウスにはじめていきました。 二階堂さんを見るために行ったライブ。 二階堂さんももちろんよかったけど、 実は対バンがまたかなりよかった。 なかでも気になったのは。。。

オープニングの Jamaican Cheek。
たしかこのイベントの企画者じゃなかったかな。 ギターボーカルの男子+ギター、ドラムの女子2名という 変則バンド(そういえばベースはなかったのか)。 スーパーカーっぽいような、 リフのきれいさ命のギターポップバンド。 そんな編成でやればかっこいいに決まってるけど、 両手に花という意味でもうらやまし。。。

都市レコード。
二階堂さんも「対バンできてうれしい!」と言っていた、 ちょっと懐かしさ漂うフォークロック系バンド。 メンバー5人全員が歌う(しかも合唱)というのが ちょっとぐっと来るところ。 CDも聴いてみたけれど、こっちはおとなしめなので 合唱しまくりギターかき鳴らしまくりのライブの方がおすすめ。

そして二階堂さんももちろんよかった。
時間が押してて、その割りに二階堂さん好き勝手にMCしていたために 曲が減ってしまったけど、 自然に指がアルペジオを奏でながら にこにこMCする姿は惚れます。

Posted by kyohei at 18:41
2002 08/24
'Joint Adventure' : Port of Notes   (CLUE-L records) *** disc ***

image 初めて? の Port of Notes リミックス盤。
テクノ、アンビエント系のリミキサーが多いせいか、 個人的にはあまりピンとこなかった。 もっと畠山さんのボーカルとか、 流れるようなメロをフィーチャーして欲しかったなあ、と。

3曲目の One More Bourbon は Spangle Call Lilli Line によるカバー。 どう聴いてもスパングルなんだけど、 メロディや詞は聞き慣れた One More Bourbon という。 全曲リミックスでなくカバー集とかの方が面白かったかも。

Posted by kyohei at 18:40
2002 08/24
'1' : UINONA   (minty fresh japan) *** disc ***

初めてのフルアルバム。
男声とのツインボーカルになってる。。。 ますますスーパーカーや human station に近くなったかも。 そしてミニアルバムの時より少し ロマンチックさが増した感じ。 でもやっぱりいい。
8ビートのストレートなギターポップだけど、 その変な気負いやてらいのなさが素直に気持ちいい。

そういえば on button down とか、UINONA とか (もちろん JET LAG も) minty fresh は結構新しいいいバンドがそろってる気が。。。

Posted by kyohei at 18:39
2002 05/28
'on button down' : on button down   (minty fresh japan) *** disc ***

you & me together とか、Spangle Call Lilli Line とか、 やっぱりこんなかんじのポップが好きなんです。 どこかストレンジで、でもぐっとくる。 めくるめくギターリフとはるかな展開。 最近では一番気に入っているかも。

Posted by kyohei at 18:34
2002 05/28
'Re-clammbon' : クラムボン   (warner music japan) *** disc ***

1曲目のアコギのイントロを聴いただけでも little creatures の香りが。。。 と思ったら Port of Notes でした。

オリジナルアルバムに比べると、 アコースティックでミディアムなミックスばかりの リ・アレンジ集。 「雲ゆき」の坂本美雨とのからみもすばらしいけど、 男性ボーカルもいいっす。じんわりと。

Posted by kyohei at 18:33
2002 03/10
'Sound-Sphere' : PETSET   (VROOM SOUND) *** disc ***

浮遊感ただよう男女のツインボーカルって、 やっぱりどこかいいと思ってしまうんだよね。 スーパーカーとか。
アコースティックギターのアルペジオループが ドラムループに乗っかって、 無意識に流れていく音楽。 自分もまねしたくなってきた。 というか気がついたらまねしていた。

Posted by kyohei at 12:59
2002 02/09
'UINONA' : UINONA   (minty fresh japan) *** disc ***

正統派ガールズボーカルギターポップバンド(いつもそんなのばっかりだ)。 ライブで飛び跳ねてそうなキャッチーな曲と思ってると、 ちょっと泣ける曲もあったり。 たしかに、(タワーのポップ通り)初期のスーパーカーのようでもあるかな。 でももっとセンチメンタルだけど。

Posted by kyohei at 12:56
2002 02/09
'so much to learn, so little we know' : spiral experiense   (chordiary/Faith records) *** disc ***

ego wrappin' 中納良恵、port of notes 畠山美由紀、little creatures らによるユニット。 この三人のヴォーカルの魅力だけでも、 世の中にありふれた楽曲が色あせてしまうよう。 曲が伝えるメッセージも重く、痛いけれど、 彼らが作り上げた楽曲を耳にできるだけでも重要な一枚。

Posted by kyohei at 12:55
2002 02/09
'FIRST' : JET LAG   (minty fresh japan) *** disc ***

音楽に対する真摯な姿勢と、ポップスの原点への忠実さが結実した JET LAG のファースト。 静かな中にも凛とした藤井さんのボーカルが 愛惜に満ちた世界の中にたたずみ、 確かなアレンジと演奏がそれを支える。

田畑さんのギターアレンジはもちろん、 内田さんの安定したベースプレイが胸の奥に響いてくる。

Posted by kyohei at 12:53
2002 01/27
'LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA' : LOVE PSYCHEDELICO   (VICTOR ENTERTAINMENT) *** disc ***

前作よりもますますフォーキーでノスタルジック。 今の日本にはそんなバンドはなかなかいないから、 よけい目立つのか。 「LADY MADONNA」の時にはもっとサイケでくせの強さを感じていたけど、 どんどん彼ららしいイメージの中にまとまっていっているような気がする。 いい意味でも、悪い意味でも。

Posted by kyohei at 12:50
2002 01/27
'たね I' : 二階堂和美   (LORCA RECORDS) *** disc ***

disc union の立ち上げたレーベルからの第一弾。 ギター弾き語りがメインの、アコースティックなミニアルバム。
切なさがあふれ出すようなボーカルに、 聞いているとふと涙がこぼれそうになる。 ボーカルは時として、誰にもまねのできない魅力を持つ人がいるけれど、 彼女もまた生まれながらにして、その歌声を天から与えられているのかも知れない。

実は二階堂さんは知り合いの知り合いで、 結婚のお祝いに「愛の讃歌」を歌ってもらったりしました。 そんなこと関係なくいいボーカリストですが。

Posted by kyohei at 12:49
2002 01/16
'wedding you / マインド' : MIX MARKET   (LD&K records) *** disc ***

普段こういった感じのバンドはあまり聴かないけれど、 なぜか気になって買ってしまう MIX MARKET。 パンクは聴かなくてもガールズパンクなら聴くのかな。。。 他にもソフトボールとか、気になっている。

どの曲もポップですきがないけど、 懐かしの名曲「Be my baby」のカバーなんて素敵すぎ。

Posted by kyohei at 12:47
2002 01/16
'First off' : sider   (HISRIGHTSIN RECORDS) *** disc ***

こちらはまけじとマドンナの「BEAUTIFUL STRANGER」。 やっぱりいい曲はどんなタイプのバンドがカバーしてもいい曲だね。

Posted by kyohei at 12:46
2001 10/27
'killermont street 2001' : V.A.   (LD & K) *** disc ***

昨年〜今年のポップシーンの中でも とくに目立っていたバンドばかり 15曲集められた、 ショーケース的コンピ。 さすがに LD & K かなりいいとこ押さえています。 かつての guiter lightnin' (インディーズ時代の pre-school や ズボンズも納められた、ギターポップ コンピの名盤) みたいになるのかな。

とくによかったのは

advantage Lucy 「地球」の別バージョン:
SEに子どもの声使うなんて絶対ずるい。 ミニアルバム「杏の季節」の時も名曲だったけど、 こちらのバージョンも泣ける。

RUNT STAR「落陽とファンファーレ」:
ライブで聞いたことしかなかったけど、 そのときすでにメロが頭から離れなかった名曲。 かっこいーねー。

Maybelle、polyABC なんかも気になるところ。

Posted by kyohei at 12:43
2001 10/27
'ドラマチック' : クラムボン   (warner music japan) *** disc ***

やさしさや、郷愁だけじゃない、 せつなさのあまり締め付けてくるようなアルバム。 とくに6曲目「恋わずらい」、10曲目「ララバイ サラバイ」の ひりひりするような焦燥感と情動が痛い。 夏のワンマンでも演奏していたけれど、 余計なMCの必要ないほど圧倒的な説得力の楽曲ばかり。 泣ける。。。

Posted by kyohei at 12:42
2001 10/27
'summer morning rain' : iori   (BLAZIN') *** disc ***

クランチーなギターが気持ちよすぎ!
ガールズポップロックのストライク ゾーンど真ん中で直球勝負な ミニアルバム。 メロやコーラスの重ね方や ディストーションギターの 流れ具合が はじめの頃の the brilliant green を 思い出す。

Posted by kyohei at 12:41
2001 10/27
'the apex' : little creatures   (chordiary/Faith records) *** disc ***

その瞬間にしか存在し得ないリズムや フレーズが最高の形で 音楽とともに空間を形作る。 均一化することによるトランス状態 ではなく、 空間を共有する物の瞬間の動きが 影響し合って形作る「場」が 一枚のCDの中に抽出されている。

Posted by kyohei at 12:39
2001 09/27
'残暑' : クラムボン   (warner music japan) *** disc ***

亀田さんがプロデュースに加わってから 「サラウンド」「残暑」と、 ドラマティックな曲の続いている中で、 c/w の「のんびり」が以外に胸にしみる。 なんだ、CMのあの曲か、と思いつつも 仕事に追われ果てしなく続く残業の帰り道に、 涙を浮かべながらこの曲になぐさめられたりする。 そんな日常。

Posted by kyohei at 12:37